HOME > 電波障害対策 > テレビ電波障害の事前調査・測定

テレビ電波障害の受信調査

テレビ電波障害の調査には、マンションやビルなどの着工前に障害範囲を予測するための事前調査と、建築後に障害範囲を調査する事後調査があります。

事前調査の必要性

ビルなどを建てる際、電波障害がどの範囲まで及ぶかを事前に調査・測定しておくことは、地域住民とのトラブルを避けるうえで欠かせません。また、この結果をもとに、対策にかかる費用を積算することができます。

理論と実施による測定

理論と実施による測定

 

まず建築予定建物図面より電波障害予測範囲を机上計算により図示致します。

完成した予測範囲図により、障害発生が予測される現場付近に写真のような測定車を用いて、建築前・建築中・建築後などの実際の電波受信状況や受信状況の変化を測定致します。

測定したデータは数値化し確認することが可能です。

電波障害対策



ページの先頭へ

Copyright (R) 2007. Sogo Antenna Setsubi Co., Ltd. All Rights Reserved.